介護初任者研修は主婦でも取れる!資格内容と講座について

コラム

介護初任者研修とは?

2013年4月にホームヘルパー2級は名称が変更され、介護初任者研修となりました。名称とともにいくつかの変更点もありますが、カリキュラムの内容や資格の主な内容はほぼ同じと考えて良いでしょう。変更点については、まず、ヘルパー2級の場合は全てのカリキュラムが終了した時点で資格の取得ができていましたが、初任者研修の場合は修了試験に合格して初めて資格が取得できるようになりました。次に、ヘルパー2級で実施されていたデイサービスや訪問介護などの実習が廃止されました。とは言え、介護の現場を知ると言う意味でとても重要ですので、実習に関しては任意で実施しているスクールもあります。

そしてヘルパー2級の時よりも初任者研修の方が通信教育の時間が減り、スクーリング時間が増加しています。最後に初任者研修ではヘルパー2級の時には無かった認知症ケアに関するカリキュラムが追加されています。介護が必要な高齢者の中には認知症を患っている方もいます。認知症に関する基礎的な知識と理解を含めることを目的とし、介護業界で働く多くの人が最初に目指す資格である初任者研修のカリキュラムに追加されたのです。

どのような人が取得を目指すのか

日本社会の高齢化に伴い、介護ビジネスの需要はさらに高まっていくことが予想されています。介護業界の将来性や安定性には多くの人が注目しており、他業界からの転職希望者も年々増えています。また、出産や子育てなどで退職した主婦の職場復帰の場としても注目されており、今や介護業界は就職・転職希望者にとっての人気の業界となっているのです。しかし、介護業界未経験の人達の中には、何も分からないままいきなり介護の現場で働き始めることに不安を感じる人もいます。これまでの働いてきた業界での知識や経験が活かされる場面もあるかもしれませんが、高齢者の直接介護となると何をどうしたら良いか全く分からないという人もいるでしょう。そのような人たちが介護業界で働き始める前に取得を目指す資格が初任者研修です。

初任者研修は、年齢や学歴、取得をするために必要な資格、介護の現場の実務経験などが一切問われることなく、誰でもいきなり取得を目指すことができるという特徴があります。介護業界未経験の他業界で働く人や主婦でも取得をすることが可能なので、事前に介護の基本的な知識や技術を学びたいと言う人にはお勧めです。また、初任者研修を取得するためにはスクーリングも必要になりますが、土日の休みのみでも対応できる範囲になっています。他業界で働きながらでも資格取得を目指すことができ、在職中の人達の転職活動にも役立ちます。

介護初任者研修を取得するメリットとは

初任者研修を取得する一番のメリットは、介護の現場でできる仕事の幅が広がるということです。初任者研修を取得すると、高齢者への直接介護が単独で行えるようになります。高齢者への直接介護とは高齢者の体に直接触れて行う介護で、入浴介助や排泄サポート、食事サポート、車椅子への移乗や移動などがそれにあたります。これらは身体介護サービスと呼ばれ、多くの介護の現場で提供されているとても重要な介護サービスです。

例えば、介護福祉士がリーダーを務める特別養護老人ホームやデイサービスなどの介護施設では、介護資格無資格の人でも身体介護サービスの提供が可能です。そのため介護資格無資格の人でもすぐに働き始めることができます。しかし、高齢者の自宅を訪問して単独で身体介護サービスを提供するホームヘルパーの場合、初任者研修以上の介護資格を取得していなければ働くことができません。初任者研修を取得することで介護業界への就職・転職先の選択肢が大幅に広がり、この点だけを取って見ても取得するメリットは大きいと言えるでしょう。もちろん各企業の採用担当者も、できれば介護資格の有資格者の採用をしたいと考えています。面接の際にライバルと差をつけるためにも、初任者研修を取得しておいて損はないでしょう。

介護業界でのキャリアアップの第一歩に

介護業界の魅力の一つに、年齢や学歴に関係なく誰でもキャリアアップを目指すことができるという点があります。介護業界でのキャリアアップで最も重要なことは、介護資格の取得になります。上位の介護資格を取得していくことでキャリアアップを達成でき、より好条件の職場に転職できたり給与に反映されたりするのです。また介護業界では明確なキャリアパスが定められており、その第一歩目が初任者研修になります。

初任者研修と同様に、年齢・学歴・必要資格・実務経験などを問われずに誰でも取得できる介護資格に実務者研修がありますが、実務者研修の場合はある程度の介護の基礎知識があるという前提の内容になっています。また初任者研修を取得していれば実務者研修のカリキュラムが大幅に免除されるので、介護初心者の方はまずは初任者研修の取得を目指した方が良いでしょう。初任者研修・実務者研修の取得後、介護福祉士、ケアマネジャーと介護資格の取得を目指すことで、介護業界でのキャリアアップを達成できます。

コメント